Menu

痛みについて

Home
ご案内

痛みについて

慢性痛の原因は大きくわけて3種類

1、侵害受容性疼痛
切り傷、打撲、やけど、慢性腰痛、頭痛など日常生活でよく経験する痛みです。
ケガをすると炎症が起こり、痛みを起こす物質が発生します。
この物質が末梢神経にある「侵害受容器」という部分を刺激することで痛みを感じるため、「侵害受容性疼痛」と呼ばれています。

2、神経障害性疼痛
神経が何らかの影響で、圧迫されたり、変性した時に起こる痛みです。
ピリピリしたり、ジリジリしたりしびれるような感覚です。
坐骨神経痛や帯状疱疹後の神経痛などがあげられます。

3、心因性疼痛
身体や神経に問題があまりないのに感じる痛み。
精神的なストレスなど、心理的な問題、社会的要因で起こる痛みです。

痛みのメカニズム
なんらかの影響で身体に危害が加わると、危害が加わった部分の細胞が壊れます。
そこから発痛物質が出ます。
この発痛物質が電気信号という形に変化して、脊髄(背骨)を通って脳に届きます。
痛みの信号がどこからきたかによって、それぞれに対応する神経細胞が反応します。
こうしてはじめて痛みを感じます。

慢性痛は急性痛と違いずっと続く痛みというより、出たり。治ったり(治ったと表現される方が多いですが、このサインに気が付かないと慢性痛はこじれていきます)、治ったのではなく消えている状態。
マッチの火で言えば、煙が出ている状態。
煙にティッシュみたいに燃えやすいものを置いたら火がつきますよね?
火種は残っています。
それを放置していると痛みの悪循環で繰り返し、痛い⇒落ち着いてる(大丈夫と思う)⇒痛い⇒落ち着いてる(大丈夫と思う)⇒痛い・・・のループに入り、ケアをしないまま時間が経つと、痛みの場所もあちこち増えていきます。

慢性的になってしまった痛みとは、交感神経や運動神経を興奮させ、筋肉や血管が収縮し、血行不良になります。
そして、血行が悪くなると発痛物質(ブラジキニンなど)が発生し、痛みを感じます。
痛みを感じる事で知覚神経が刺激され、また交感神経や運動神経を興奮する。
それが繰り返されるのです。
痛みが長く続いたり、ストレスを感じていると、本来、脳の中に持っている痛みを抑える力が弱くなり、痛みを普段より強く感じたり、慢性化することがわかっています。