Menu

カイロプラクティック

Home
メニュー案内

なぜカイロプラクティックが体に良いかご存知ですか?

 カイロプラクティックの施術を受ける方の多くは痛くなってから来られます。
 それでも良いと思いますがカイロプラクティックの本場アメリカでは、健康の為
はもちろん運動している方はパフォーマンス向上の為、また予防やQOLの向上の為に
カイロプラクティックを選択しています。

 感覚神経である=痛覚神経に異常が出て 例えば腰が痛いからカイロプラクティックを
選択して来られる。

ただ、もし腸の動きが悪かったり、ちょっとしたところでつまづいたり、生理痛や
不妊症になりやすかった時にカイロプラクティックを選択しますか?

 これらも腰が痛くないけど腰椎に変位(歪み)があって脳からの指令である自律神経や
運動神経も徐々に流れが悪くなって気が付かないくらいの症状から始まり、段々と症状と
なって現れたりしますので早めに予防医学であるカイロプラクティックの存在を知って
いただければと思います。

カイロプラクティック

知覚神経・運動神経・自律神経

 地球上に生きる人間は、自然のサイクルに適応できるようにつくられています。
太陽が出ると自然に目覚め、夜がくると自然に眠くなる。
交感神経と副交感神経という二つの自律神経のバランスが働いているからです。

 ところが交感神経と副交感神経のバランスが崩れると体調がおかしくなってきます。
内臓の働きが低下し、いろいろな病気が起こってきます。

 人間の背骨は、首から腰まで24個(頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個)の椎骨が
積み重なり、その間の椎間板は23個あり、クッションの役割をし、仙骨、腸骨、
坐骨、尾骨と、横から見るとゆるやかなS字のカーブを描いています。
このS字のカーブは頭や上半身の重さを逃がす為にこのようなカーブをつくっています。

 背骨は脳から下りてきた脊髄の通り道となっています。
神経の太い束である脊髄は、背骨の中で枝分かれし、椎骨や仙骨の穴から出て
全身の隅々へ伸びていくのです。

脳から脊髄を経て全身に広がる脊髄神経系は大きく分けて

 つまり脊椎にズレや歪みが生じることによって、知覚神経に影響が出ると、
そこを支配している 部分に痛みやシビレが出てきてしまうし、運動神経に影響が出ると
足が上がりにくくなったり、 力が入りにくいなど困った症状がでてきたりします。

 また、自律神経に影響が出ると、内臓、血管、皮膚などの症状が出てきてしまったり、
症状はなくても何となく調子が悪い、だるい、重いということが起こってきたりします。

 24時間、休むことなく心臓が動き、無意識のうちに呼吸をし、血液が流れ続ける。
この素晴らしい作用によって常に新しい酸素が体内を満たし、
細胞の新陳代謝が進んでいきます。

 この素晴らしい力、先天性治癒力(カイロプラクティックではイネイト・
インテリジェンスという。)が働くことによって指をちょっと切って出血したら、
止血するし、やけどをしたら、水ぶくれをつくり、その下に新しい皮膚を
再生していきます。

 このように人間の身体は、異常が起こった場所を瞬時に見つけ、
すばやく修理し、再生させる自然治癒力を持っています。
修理に必要なすべての材料や薬をつくり、必要としている場所に
すばやく届けることができるのです。
しかも体内で作られた薬は、決して副作用を起こしたりはしません。

薬は早く効きますが、副反応の心配をしなければなりません。
体は自分の体の中で薬を創り、自分で体を治すことが出来る自然治癒力を持っています。
その自分で治る力、自然治癒力を高めるお手伝いが出来るのはカイロプラクティックだと思います。

カイロプラクティックの3つの目的
………………………………………………………………………………………………………………………
 病院でいろいろな検査をしても異常がないのに、調子が悪いという方は悪い姿勢や外傷、ストレス等で、背骨が歪み、今の状態になってしまったのかもしれません。一度ご相談下さい。
お子さんの姿勢の悪さが気になっている方もご相談ください。

………………………………………………………………………………………………………………………
成長期のお子さんの施術は反応が大人より分かりやすいし、お子さん達は自分の不調を
うまく口に出来ない分施術を受けた感覚が優れていてママやパパに「カイロの
パッチン(施術で使うアクティベータ)好きなんだぁ」
なんてお家で話したりするそうで、そういうお話を伺うととても嬉しく思います。

頭ごなしに姿勢を正しなさいと言っても出来ないものは出来ないのです。
そういう姿勢=歪んだ姿勢をしてる限りは頑張っても自分では限界があります。
(大人も同じですが・・・)
 小さい頃から姿勢が悪いとスポーツで、勉強で、発表会で力を発揮しなければいけないのに100%の 力が発揮しにくくなります。

また競技スポーツを頑張っている子は障害を経験してしまったり、
勉強を頑張っている子は集中力が低下しやすくなったり、やる気も低下しやすかったり、
ゲーム、スマホ、PC、そしてまた下向いて勉強・・・

これでは小さいうちから肩がこる、不眠、だるい・・・大人顔負けな症状を訴えるようになってしまうかも・・・。
早くからの予防でいろんな不調が起こりにくくなるようにお手伝い出来れば嬉しいです。

………………………………………………………………………………………………………………………

施術の流れ

問診

症状に関して質問していきます。
問診は患者さんの状態を得るうえで、非常に重要になってきます。
日常生活や過去の出来事などお話ください。
また病院で受けた検査などがあれば参考にさせていただきます。

検査

お話をお聞きした後に姿勢検査・可動域検査・整形外科学検査・神経学検査・触診など致します。

治療

 説明をいれながら、関節・筋肉に適切な刺激を与えて、
身体の機能を正常な状態に導きます。

 カイロプラクティックの施術方法には、いろいろな方法があります。
 ここではベッドにのった患者さん自身の体重を使い、そのテーブルが
落下した時に第二の力が働き、矯正されるというテクニックや
アクティベーターという米国製の矯正器具で、関節が動くときに出る
周波数とほぼ同じ周波数が出る事により、少ない衝撃で骨格の矯正、
筋肉の調整が出来るテクニックなどで痛み、症状などの改善、
そしてQOL向上のお手伝いをしたいと考えております。

 QOL向上が生活、仕事、遊びなどを楽しく、集中して取り組め
るのでいい循環になっているのです。
 事故や姿勢の悪さから徐々に徐々に不調が出てきた方は、
疲れやすい、いまいち集中できずボーっとしてしまうなど
悪循環になりやすい身体になっているのです。

治療後の説明

 症状の原因やどういう状態でしたか説明いたします。
家庭で出来る運動やストレッチを勧めたりします。
施術だけでなく、患者さん自身も気持ちや生活習慣の見直しも
必要になってきます。
再発の防止や治療効果の維持、より良い生活の向上につながります。

体調不良のヒントになれば。。。

~カラだの不思議~

仕事、ストレス、スマホ、PC、事故等の影響で姿勢が歪み 脳、脊髄→脳神経、脊髄神経、自律神経への神経の流れの悪い方が多いです。
航空公園カイロプラクティックではアクティベータという器具を使用し施術をしております。

繰り返すダルさ、不調、痛み=慢性痛がある方は頭蓋が歪んでいる方が多いように感じます。
骨格の歪みがあると、中を通っている神経が“あるきっかけ(対人関係、気温差、臭い、騒音、光、食物、外傷、同じ姿勢、単純作業、長時間労働、病原菌、ウイルス、家族、過去の出来事、先行きの不安などなど。いろいろなストレス)”により痛みを発症します。

歪みの強い方。特に頭の歪みの強い方はストレスに過敏に反応しているように感じ、2~3年前から頭蓋調整のコースもつくりました。
痛みはなぜ起こるのか?
ぶつけたり、捻挫したりした痛みは急性期の痛みです。良い例えはぎっくり腰です。このような炎症性の急性痛は3日もすれば落ち着きます。

痛みが落ち着いてきたので治ったという方が多いです。
治ったように感じる。痛みが無いから。でも歪みは残っています。

歪んでいる場所は何らかのストレスが引き金となり痛みを引き起こします。
そのストレスとは先程も書きましたが、寒暖差もあります。対人もあります。他にも同じ姿勢、騒音、先の不安、食べ物、家族、長時間労働、ウイルス、環境汚染、過去の出来事、加工食品、外傷、病原菌、気圧などなど。

 背骨や頭の歪みの強い方でこのようなストレスに長くさらされている方は脳が昔 痛くなったことを記憶していて、これらのストレスをきっかけに痛みを出しているようです。

施術+頭蓋調整により自分が今、どういう状態なのか知ることで痛みのループから抜け出せるかもしれません。

例えると、食べ物を毎日食べ、歯を磨く。磨き残しや歯周病菌、プラークの沈積により歯や歯茎にダメージを受けないように歯医者さんも痛みがなくても通われると思います。
歯のメンテナンスの重要性と同じように、身体のメンテナンスが必要だと考えております。
歯医者さんでもここが磨き残しがありますね。って教えてもらえたり、知らない間に溜まったプラークのお掃除をしてもらえたりします。

体もカイロプラクティックで毎月メンテナンスをすることで、自分の悪くなっていたところに気付いてあげることで痛みや歪みのメンテナンス、また内蔵へ流れる自律神経にも作用してくれるので、頭の先からつま先までに良い影響があると考えております。

痛くならないとなかなか自分の身体にも注目してあげられないかもしれません。
筋肉に刺激をするマッサージは気持ちがいいです。
ですが、すっきりするのは少しの間。カイロの施術は受けてから1~3日くらいして身体の内からジワジワとスッキリしてきます。
これは神経が流れてきて自分の治る力=自然治癒力がジワジワと発揮されてきているから。目には見えないけど、分かる方には分かっていただける感覚だと思います。

アクティベータによる治療はアメリカのカイロドクターが使用するテクニックでも2番目に多いテクニックになります。

カイロプラクティックの歴史は1895年(明治28年)9月18日D.D.パーマーがファースト アジャストメントを行いました。彼は磁気治療院を開業していました。その彼のビルの雑役夫ハービー・リラードがファーストアジャストメントを受けました。ハービーは17年間難聴であるとD.D.パーマーが知り、以前からなぜ“ある臓器は病気になり、他の臓器は病気にならないのか?” 病気の原因を模索していました。そして、【背骨のズレが病気の原因ではないか】と仮説を立ていました。
難聴であるハービーの背骨を注意深く触っていくと背骨に不正列による隆起を発見し、彼の同意を得て素早く手で押し戻しました。すると彼の聴力が回復していました。
難聴が治る治療法だと思ったパーマーは広告を出し多くの人が彼を尋ねてきました。しかし、難聴が良くなる場合もあるし、それ以外の臓器(心臓や肝臓など)が良くなる場合もありました。そこで、彼は『脊椎を矯正することによって病気を治したり予防したりする素晴らしい治療法になるかもしれない』とカイロプラクティック(手でなされた)という名前をつけました。その後大学をつくり、息子が解剖学やX線撮影などを取り入れ科学的に診断していきました。

アクティベータは手でアジャストしませんが、アクティベータの創始者であるDr.リーとDr.ファーが多くの方を手によるアジャストメント=施術を行っていくうちに肉体的ストレスを経験した事からスラストの速度、力、方向を手技程度あるいはさらにうまくコントロールでき、ドクターに疲労や障害が生じないものを探し求めたのが始まりです。
アクティベータの研究所はアメリカのフェニックスにあり、日々研究がなされています。

カイロプラクティックは、施術を受けることで本来持っている治る力。自分の自然治癒力を高める事を目的に背骨のアジャストメントを行っております。
私は施術をすることが一番大事な事と思っています。
なぜなら、お薬を飲まれている方も自分の治る力が弱まっていたらせっかくのお薬の力も100%発揮できないと思います。
体の不調があり病院に行かれた方で、検査の結果何もないと不満をもらす方もいらっしゃいますが、検査の結果が何もないのは良い事ですよね☆ でもお薬飲んでも痛い、不調が抜けない。そんな方は施術により症状が少し緩和させると良いですね。(痛みのループにはまっている方は頭も歪んで痛みを感じる脳で誤作動がおこっているかもしれません。頭蓋の施術もオススメします。)
痛みがあるとか無いとかを問題にするような施術をしているわけではないので時間が取れた時にご自分の体をより良い状態にするメンテナンスをオススメします。